最近読んだアガサ・クリスティーと出版の小冊子

アガサ・クリスティーはポアロのドラマを以前に見ていた程度なのですが、最近また見たり、本を読んだりしています。

 

謎解きを楽しみたいならこれが1番おすすめかもしれません。

最後までだまされ続けました。

 


五匹の子豚 (クリスティー文庫)

 

 

 

こちらはドラマを見てから本を読んだら結構違っていて、ドラマの方がよかったかもと思いました。


満潮に乗って (クリスティー文庫)

 

 

 

ポアロは出てきませんし、人も死にません。

自分を見つめ直すことができました。

読んでから1973年の翻訳だと知りました(どおりで難しい漢字が多いわけだ!)。

翻訳書は日本語の勉強にもなりますね。


春にして君を離れ (クリスティー文庫)

 

 

 

クリスティーの本はたくさんあるので、この本をもとに読む本を決めています。

とても役に立ちます。

最近、クリスティーを読むようになったのは、たまたまこの本をポチったことがきっかけです。

今も別の本を読んでいます。


アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕 (クリスティー文庫)

 

 

最後に、出版についての小冊子。

 

出版翻訳に関わるようになりましたが、知らないことも多いので全体像を知りたくて読みました。

これはネット書店では買えないかもしれません。

私は地元の本屋さんで取り寄せてもらいました。

『よくわかる出版流通のしくみ 2021-22年版』が発売になりました。

出版翻訳に興味があれば、一読しておくといいかもしれません(^^)