『オラフ教授式 理工系のたのしい英語プレゼン術77』読みました

しばらく前から英語のプレゼンについての本を訳しているので、関連書籍をよく読んでいます。これは北海道で教授をしていらっしゃるドイツ人の先生の本です。英語プレゼンに関する日本語の書籍ですが著者は日本人でも英語ネイティブでもなく、少し珍しい視点で書かれた本だと思います。

 

英語は多くの日本人と同じように学んで身に付けた先生が、日本語で本を出しているという語学の才能にびっくりですが、ご専門は高分子科学だそうです。

 

それを示すように例文には科学関連のものが多く、タイトル通り学会で発表する「理工系」向けです。でも堅苦しさはまったくなく、四コママンガが多数掲載されていて、タイトル通り楽しく読み進めることができます。全ページカラーでイラストや写真もあります。

 

英語と日本語が対訳になったセリフ例も多いですが、スライドやポスターの色使いやデザインについても詳しく解説されています。2020年初版なので、比較的新しい情報をもとに執筆されている点もよいと思いました。

 

 


オラフ教授式 理工系のたのしい英語プレゼン術77 (KS科学一般書)

 

学術的な内容のプレゼンテーションやポスター発表を英語で行ったり、原稿を訳したりする方の役に立つと思います。