翻訳者の暮らし

English, Japanese, Books, and Translation

『メンタルが強い子どもに育てる13の習慣』を読みました

「親がやめるべきことがこの1冊でわかる」という帯にひかれて手に取った1冊です。子育てにおいて親がすべきでないことがわかりやすくまとめられています。

 

 

子育て本にはよく「やるべき」ことが書かれていますが、「やるべきではない」ことが書いてあるのが少し珍しいと思いました。13の項目に分けて、さまざまな例や行動のチェックリストが掲載されています。

 

 

例えば習慣1は「わが子に被害者意識を持たせない」。親がネガティブな思いを吐きだしてばかりだと、子どもも「どうせ無理」「自分はきらわれている」などとネガティブになっていく。イヤな思いをぶちまけたいという親の衝動を抑えることについて解説されています。

 

子どもが小学生の場合と、10代の場合に分けて問題への対応策が書かれていて、自分の子どもの年齢によって読むべき場所がわかります。この本を読んで自分のできていない点がわかって落ちこんだりもしましたが、子育てに疲れているときに読むと、何か突破口が見つかることもあると思います。

メンタルが強い子どもに育てる13の習慣 (講談社+α新書)

 

自分も子どももメンタルが強く、簡単には折れない心を持ち続けられたらいいなと思います。簡単ではないですが。

Copyright © 2017-2022 翻訳者の暮らし