翻訳者の暮らし

English, Japanese, Books, and Translation

翻訳書など日本語の本

読了:「杉の柩」(ポアロ)

少しずつアガサ・クリスティー作品を読み進めています。今回読んだのは「杉の柩」(すぎのひつぎ)。 叔母を殺した容疑で捕まった主人公。回想しながら物語が進みます。 人気があるということで手に取りましたが一読した限りではあまりその魅力がよく分から…

Audibleで聞いた本「コンビニ人間」

きのうは英語のAudibleを紹介しましたが、これは日本語。 Audibleで聞き放題対象なのは日本語作品の方がずっと多くて、興味引かれる物も多いのですが、好奇心に任せて選んでしまうと英語時間がドンドン減ってしまうので、我慢して、息抜き程度にたまに聞いて…

2022年夏の読書記録

前回の更新から1ヵ月以上たちましたがお元気ですか? こちらは例にもれず家族で新型コロナの洗礼を受け、怒濤の夏でした。。。 前回、広島旅行記を書きましたが、ここでうつったものではなく、日々の生活でうつってしまったのでどうしようもない気がしました…

『地下鉄道』読みました

数々の賞を受賞した『地下鉄道』(コルソン・ホワイトヘッド著、谷崎由依訳)を読みました。 まだ奴隷制が残っていた頃のアメリカを舞台とした小説です。 15歳の奴隷の女の子がプランテーションから逃亡しようとするのですが、奴隷狩りに追われて筆舌に尽く…

最近読んだ本:"Educated"、『国宝』など

最近、月1回ブログ更新すら難しくなってきていますが、なんとか少しでも書きたいと思って慌てて月末に書いています。 今月の読書記録です。ベストは "Educated" です。 Audibleで聞きました。 ベストセラーだとは知っていたのですが、なんとなく重そうでちょ…

最近読んだ本、買った本

寒い日が続きますね!この冬は雪が多くて、降ったり積もったりするのが当たり前になってきました。溶けても数日でまた積もるといった程度で、ずっと積もっている雪国の方から見ればたいしたことないのでしょうが、それでも寒くて引きこもりがちです。 在宅の…

『脳を鍛えるには運動しかない!』

1年以上、積読にしてしまっていた本ですが、このお正月に読みました。 運動が体によいのは広く知られていますが、脳にもよいことを科学的に示している本です。 帯にあるとおり、子どもの成績アップや注意力向上、大人も含めたうつ症状の改善、そして認知症の…

『スマホ脳』読みました

ベストセラーになっている新書『スマホ脳』を読みました。 スウェーデンの精神科医の先生が書いた1冊で、スマートフォンがメンタルに与える影響がコンパクトにまとめられています。まず、どうして人はスマホを手放せないのか、SNSにはまってしまうのかという…

『MONKEY』の定期購読を申し込みました

翻訳家の柴田元幸先生が編集長の文芸誌『MONKEY』。 私がよく仕事で請け負う医薬翻訳や語学書とは分野が離れているのですが、以前から気になっていました。 先日、2年間の定期購読を申し込むと英語版がついてくるキャンペーンをやっていると知り、まず最新号…

最近読んだアガサ・クリスティーと出版の小冊子

アガサ・クリスティーはポアロのドラマを以前に見ていた程度なのですが、最近また見たり、本を読んだりしています。 謎解きを楽しみたいならこれが1番おすすめかもしれません。 最後までだまされ続けました。 五匹の子豚 (クリスティー文庫) こちらはドラマ…

最近読んだノンフィクション(翻訳書)

ノンフィクションの読書記録です。 去年から少しずつ読んできて、ようやく読了した本も多いです。 プレゼントでいただきました! たくさん蛍光ペンを引いて、ときどき見返し、精神的な姿勢を正す指針としています。 成功者がしている100の習慣 日本ではあま…

『線は、僕を描く』

Audibleで聞きました。 大学生が偶然の出会いに導かれ、水墨画の絵師になっていく成長の物語です。 内容についてはあまり知らなかったのですが、セールで少し安くなっていたので購入。 これがあたりでした。 賞を受賞している作品だけあって、今までまったく…

「下町ロケット」(Audible)

池井戸潤さんの「下町ロケット」をAudibleで聞きました。 町工場が大手企業のロケットプロジェクトに関わっていく物語。 Audibleでは毎月1本、無料でダウンロードできるサービスが始まって、その対象になっていたので聞きました。 人気のある作家さんなので…

情報収集にKindle Unlimitedが便利

翻訳で調べ物をするとき、まずはウェブサイトですが、Kindle Unlimitedも使えますね。 買おうかどうしようか迷う本がKindle Unlimitedに対象になっていることが何度かあったので、使ってみました。 特に先日、発売された「ARの実践教科書」は、参考図書をも…

「ブレイン・プログラミング」読了

「話を聞かない男、地図が読めない女」の著者、アラン&バーバラ・ピーズ夫妻の「自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング」という本を読みました。 「話を聞かない…」の本は有名ですよね!でもすみません、未読です。ただ、題名は知っていたし、…

「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」読了

半月ほどブログを更新できませんでしたが、またボチボチと書いていこうと思います! 今日は読んだ本の感想。写真は先日、図書館に返した本です。 「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」はどこかでレビューを見ておもしろそうだなと思ってました。 肺炎がいや…

「羊と鋼の森」とスタジオジブリの名曲

本屋大賞を受賞し、映画化が決まっている「羊と鋼の森」を読了しました。 羊と鋼の森 (文春文庫) 青年が調律師となり、成長していく物語です。最近、現代物を読んでいなかったので少し慣れるのに時間がかかりましたが内容はよかったです。帯に「村上春樹のド…

「忘れられた巨人」読了

ノーベル文学賞を受賞したイシグロ作品「忘れられた巨人」を読了しました。とてもよかったですよ!(以下、ネタバレありません) 文学的だと思って読み始めましたが、シェイクスピアのような掛け合いがあったり、鬼や竜が出てきて冒険小説のようだったり、で…

ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏!

熱心なファンというわけではありませんが、以前に「日の名残り」を読んだり映画で見たりしていたし、テレビの特集番組を見たりしたこともあって好きな作家さんです。ニュースを聞いてとてもうれしくなりました。おめでとうございます! この機会にもう少し読…

Copyright © 2017-2022 翻訳者の暮らし